ご覧のページはたたみ工房たなか/インテリア工房たなか の中の たたみのリフレッシュ方法 のページです。


たたみの定期的なリフレッシュ方法

畳のリフレッシュには「裏返し」・「表替え」・「畳替え」の3つの方法があります。

1.裏返しとは

新畳を入れてから2~3年目頃畳が日焼けしたり、傷み始めたら畳表を裏返しにして張り替える作業です。
畳表の傷み具合が進みますと、裏返しができない場合があります。

2.表替えとは

裏返しをした畳が傷んできたら畳床をそのまま生かし新しい畳表に取り替える作業です。
3~5年目頃が適当と考えます。裏返しや表替えの場合には畳縁も新しく取り替えます。

3.畳替えとは

畳床も含めて畳全体を新品に取り替えることです。
取り替える目安は適度な弾力性がなくなったり凹凸が激しくなったり大きな隙間ができてきたら、畳替えをして下さい。

ワンポイント

畳床は大事に使えば10~20年はもちます。
特に床下の湿気、室内の換気には注意しましょう。

ページの先頭へ戻る

  • TOP
  • 施工事例
  • 製品情報
  • 価格表
  • たたみの秘密
  • たたみのリフレッシュ
  • インテリア
  • 会社概要
  • 店長のブログ
  • たたみ工房インテリア たなか facebookページ