畳の交換時期の目安

新畳替え
部屋の寸法の採寸して新しく製作します。
※古い畳の処分が発生します。

表替え
(5年~10年)
畳のゴザ(表面)を新しくして畳床はそのまま利用します。
※畳の状況や状態によってはできない場合があります。

裏返し
(畳替えをしてから3~5年以内)
今の畳のゴザ(表面)を裏返してます。
※お部屋の状況・畳の状態によってできない場合があります。

裏返しができないパターン

状態説明
現状の損傷が著しい経過年数などで床も表もクタクタになっている(5年以内を目安)
柱など切込やお茶室の炉畳上下反対に裏返すので、切込部が発生するため
縁なし畳、変形畳、薄い畳施工方法が特殊なため基本的には不可能です

裏返しでの注意点をご理解ください

状態説明
裏側に床跡が残っている裏面が床面との跡があります(大概は戻ります)
裏面の色はやや白色新鮮な緑色ではなくなっています
表面を使用時のシミが裏まで残っている 目立つものが残っている可能性があります
前の畳屋さんの仕事の良し悪し粗い仕事跡などがあるかもしれません