一番いい畳とは…

値段が高い畳はもちろん品質はいいですが…
畳選びは実際お客様の家の建て方・お部屋の状況・ライフスタイル・部屋の雰囲気・畳の敷き方・ご予算など…
十人十色で一概に言えません。

一度下見に行かせていただいて、商品の見本をお持ちしてご説明・ご提案させていただきます。
一度お問い合わせくださいませ。

床の間畳

床の間は「掛け軸」や「お花」など飾る場所です。

一段高く作られており、来客をおもてなしする際、展示物を引きつける役割があります。

つまり床の間はお部屋でも「品格」が一個あがる為、床の間には畳の種類を変えた赤龍鬢(下記写真)や紋縁など

畳のランクも上がることが多いです。(宗教やお茶の宗派などによって考え方が異なります)

現在畳の制作において、合理化された畳専用機械を使用して逢着が主流となります。

手縫いは昔の話と思われますが、実際数は少なくなりましたが、部分部分の細かい箇所は仕上がりに影響する為、しっかり糸締めを行います。

床の間用の床茣蓙もミシン縫いでするのが主流となっていますが、当社は床の間用はすべて手縫いで製作しております。

神具や僧侶が使う座具など

拝敷(はいしき)

白色の高麗紋(中)

紋と紋が合わさる(合掌)もきちんとぶれなく合わせています。

礼盤(らいばん)

導師の床座として用いられる台盤

拝敷との違いは畳の表5枚以上の厚みが必要とされます。

左の写真は10枚の畳表を交互縫い付けてあります。

厚みがある分柔らかな足触りで、ご使用いただけます。

二畳台 繧繝縁(うんげんべり)

通常の畳の二畳分の厚みのお寺の座具としてご使用されます。

拝敷(白中紋 四天付き四方縁)

禅宗のお寺で使われる1畳サイズ大きい拝敷

(半畳サイズもあります)

4か所の角に紋があるのは、四天王を表しているそうです

東に持国天王  西に広目天王  南に増長天王  北に毘沙門天王

※諸説が地域などで異なる為、解釈も異なる場合がございます。

和紙・樹脂製品~畳色から個性あふれるカラフルな色合い~

一般のご家庭はもちろん、会社や病院の待合室や、店舗の展示スペースなどにも最適!!
また、カラー畳の多くはナイロンなどの化学繊維のものが多いですが、当店ではカラフルな畳を用いたインテリアデザインをご提案いたします。
部屋の雰囲気や気分を変えたい方におすすめです。

柔らかい畳が欲しい方や足触りを大事にされる方

現在の建材床では足触りが固いとは言わなくとも、柔らかくはありません。

そこで新素材のやわらかい床材のご提案がございます。
特に小さなお子様や来客の方にも喜ばれるやさしい商品です。
オプション料金です。ご相談ください。

また特殊クッション機能が付いた介護畳も取り扱いしております。

衝撃緩和型畳「ケアケア畳」

一般の畳やフローリングと比較して滑りにくくつまづきにくいため歩きやすい。また、転んだりベッドから落ちたりしてもクッション性のある構造で衝撃が緩和されます。なお、介護保険における住宅改修対象として認定されております。

提供:東海機器工業株式会社

洗える畳「きらり」

万が一の粗相も安心!丸ごと水洗いで介護時の汚れや臭いを残さずいつも清潔に保てます。車いすにも対応しており、ペット共生住宅でも注目されてます。

提供:東海機器工業株式会社

撥水畳「ウォータージュエリー」

ウォータージュエリー加工畳表は撥水性能があり、液体をこぼしても水玉に なって畳表を汚しません。また、水分を吸放湿しイグサの香りが保たれます。

提供:東海機器工業株式会社