畳のお手入れ

基本は雑巾で畳の目に沿って乾拭きです。つやが出てきて、キレイに輝いてきます。毎回雑巾でしんどい方は、掃除機や座敷箒で掃き出ししてください。

①絨毯などの敷物はNGです。空気を塞ぎ、カビやダニの原因となります。
②畳の部屋を閉め切ったままにせず窓を開けたり、部屋を使ってください。空気が循環します。
③直射日光は畳の消耗を加速させます。障子やレースのカーテンを使って遮ってください。

乾拭き

座敷箒で目に沿って掃く

こんなときはどうしたら??

白い点々?カビが生えた?

天然のイグサは収穫してから、染土と呼ばれる泥水で泥パックをします。その後、乾燥させて保管します。イグサのあの香りは実はこの染土からできています。
次に織機と呼ばれる機械で、畳表が織られます。そして、私たち畳屋の元に運ばれてくるまで、丁寧に湿度の少ない環境で保存されます。
泥の中にはミネラル成分がたくさん入っていますが、実はカビの栄養源でもあります。

【発生条件
気温20° ~30° 湿度70%以上 埃などの栄養分

【対処方法】
乾拭きをして換気をよく、ご使用ください。
不安な方はさらに消毒用アルコールで拭き取ってください。(すぐ揮発します)

当社では納品までにカビの発生を緩和する処置をしております。

一般的には納品後はお客様で新しい畳の拭き上げをしてもらうことが多いようですが、当社ではその手間をブラッシングをして、水拭きを行い染土を落とし、防カビ剤を施して納品させていただきます。また納品時にお手入れのご説明をしっかりさせて頂きます。

泥染めの泥をブラッシングで落とします。

たたみ工房たなかの防カビ剤の散布作業

※カビ止め剤は100%カビを防止するためのものではありません。湿度が多い梅雨・秋雨など喚起をして、空気が淀まないようにお使いください。

防カビ剤の効果(左:あり、右:なし)

液体をこぼした。

こぼしてしまった!

①まず液体をからぶき雑巾などで吸い取る。

②水にタオルを濡らす

③甘めにしぼった雑巾で付近の液体を薄めるように拭く。(数回繰り返して、水気を吹き上げる。)

④乾拭きする。

⑤風をあてたりして、よく乾燥させる。

畳がへこんだ

程度にもよりますが、ご家庭でも直すことができます。
なお、へこませたくない方は木材など当てて置くとへこみにくいです。

修復方法

①水に濡らした雑巾をへこんだ場所に2~3分置く。(イグサに水分を吸わせる)
②スチームアイロンで、雑巾の上から温める。(焦げたりしない様に加減してください)
③ ②を数回繰り返して膨らんできたら、よく乾燥させる。