その昔、伊賀忍者が修行したとされる宇陀市龍口からたたみ工房たなかは1916年に創業しました。
創業以来、室生地区・名張地区を中心に活動してきました。地域の方に愛されるように、人との繋がりを大切に精進して参りました。
おかげさまで創業から100年を超え、現在は3代目となります。
畳と向き合い、利用される方々に寄り添えるよう、一所懸命に取り組んでまいります。
畳に関するお困りごとはご相談ください。

大正から令和へ

たたみ工房たなかの 歴代代表者

初代 田中文内ぶんない

創業 1916年(大正5年)~

旧室生村で畳業を始める

二代目 田中正一まさかず

1973年(昭和48年)~

畳業を受け継ぐ

三代目 田中太見夫たみお

1986年(昭和61年)~

畳業を受け継ぐ

2020年(令和2年)5月

株式会社 たたみ工房 たなかに商号変更